書籍出版

卵子の凍結保存 妊活法

卵子の凍結保存
妊活法

京野廣一 著

定価: 1,500円+税
発行: 2020年7月28日
ISBN: 978-4-86113-699-3 C0077
体裁: A5判 ソフトカバー並製 100ページ

多くの妊活本が、健康になれば、妊娠体質に変わると謳っていますが、健康と卵子の質には、残念ながら、なんの関係もありません。本書では、卵子の老化に対抗するには、「卵子の凍結保存」こそが最も有効な手段であることをやさしく、かつ科学的に解説しています。
ダイジェスト版ebookの立ち読みはこちら(無料)

【コンテンツ】

第1章 妊娠・出産とタイムリミットのはなし

  • 将来、お子さんは何人くらい欲しいと思っていますか?
  • 3組に1 組のカップルが不妊を心配したことがあるって、知っていますか
  • 40歳を過ぎても自然に妊娠して、出産できると思っている方が多いのです
  • 自分は20代で健康だから不妊なんて関係ないと、思っていませんか
  • 35歳以上の高齢出産はリスクが高いことを知っていますか
  • 16人に1 人の子どもが体外受精で生まれたことを知っていますか

第2章 キセキに近い妊娠のプロセス

  • 卵子の長い旅は母親の胎内から始まります
  • ヒロインが舞台に登場! 精子との出会いで新たな命が生まれます
  • 子宮を舞台に約260日間かけて神秘のドラマが展開されます
  • ヒロインのパートナーとなる精子は、毎日、誕生しています
  • ホルモンという、受精、妊娠の優れた演出家がいます

第3章 卵子凍結という選択肢

  • あなたのライフプランをしあわせに実現するために
  • 2人、子どもを授かるには、あなたのライフプランをどうすればいいと思いますか
  • 体外受精で生まれた子どもは自然妊娠で生まれた子どもと変わりません
  • 妊娠率を上げる着床前検査の臨床研究が始まりました

【著者紹介】

京野廣一
1951年 宮城県生まれ
福島県立医科大学卒業後、東北大学医学部産科学婦人科学教室入局。1983年にチームの一員として日本初の体外受精による妊娠・出産に成功。1995年、レディースクリニック京野を宮城県大崎市に開院。世界各国の妊孕性温存のリーダーから技術を学び、2001年に日本初の卵子凍結(緩慢凍結法)による妊娠・出産に成功。2004年、ガラス化法による卵子凍結で妊娠・出産に成功。2007年、京野アートクリニック仙台開院。2012年、京野アートクリニック高輪開院。2016年には、日本初の卵巣組織凍結保存センター「HOPE」を品川に設立。2019年、京野アートクリニック盛岡開院。全国を対象に、地域格差のない、患者中心の妊孕性温存の普及活動を展開している。
医療法人社団 レディースクリニック京野 理事長
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
東邦大学医学部産科婦人科学講座 客員教授

ページの先頭へ